スタッフブログ

HOME > スタッフブログ > > 徳重ショールーム > 手描きパース講習会

手描きパース講習会

 徳重ショールーム

IMG_8955 (2).JPG

先日、手描きパースの社内講習会に参加してきました(o´ω`)

手描きパースとは、建築物や部屋の完成予想図のことです。

今は建築図面(平面図)から簡単にCGのイメージパースを作成することができるので、わざわざ手描きで描かなくともイメージを伝えることができます。

しかし、CGだと良くも悪くも均一化された仕上がりのパースになり、味気ない印象を与えることもありますが、手描きのパースだとご提案したいプランのテイストや雰囲気を表現しやすい気がします。

ディティールの部分まで計画が進むと、建具や床の色のバリエーションを簡単に作れるCGはとても便利だと思いますので、マニカホームでは双方の長所を活かしつつ、お客様へご提案させていただいています。

今回、パース講習の先生からは、短時間・正確に寸法を取れるインテリアパースの描き方をレクチャーしていただきました。

写真は当日先生が30分弱程度で下書き~着彩まで仕上げられた作品です。簡単そうにサラサラ描いていらっしゃったのを、社員皆で「すごい...」とまじまじ見つめていました|ω´・;)

平面図を読み取り立体に起こすのは寸法がわからなくなりがちなので、今回先生から教えていただいた方法を練習し、お客様のご提案に活かしていきたいと思います!