新着情報
  1. HOME
  2. 新着情報
  3. 住まいの情報
  4. 万が一に備えて / 防犯対策

  • 簡単お問い合わせフォーム | リフォーム 名古屋のマニカホーム
  • 【デコリフォーム】オリジナルデザインプリントで世界でひとつだけのお部屋に
  • キッチンリフォーム専門サイトOPEN
  • クリナップリフォームコンテストW受賞
  • リフォームアンケート | お客様の声
  • マニカホームのリフォーム日記|スタッフブログ
  • メーカーショールーム簡単検索

会社概要

徳重ショールーム

徳重ショールーム

〒458-0003
名古屋市緑区
黒沢台5丁目1212

アクセスマップ

尾張旭ショールーム

尾張旭ショールーム

〒488-0003
愛知県尾張旭市東
大久手町2-1-1

アクセスマップ

新瑞橋ショールーム

新瑞橋ショールーム

〒467-0806
名古屋市瑞穂区
瑞穂通8丁目11-1

アクセスマップ

2014/05/28
住まいの情報

万が一に備えて / 防犯対策

防犯対策の心得

 

住まいの防犯には、狙われにくく、侵入されにくくする工夫が大切です。

戸建住宅の場合、泥棒は窓から侵入することが多く、まずは侵入経路を断つこと、そしてサッシやドアまわりの対策が重要です。

 

| 暗闇をなくす、死角を作らない

●侵入盗は光を嫌います。
外灯がない、または少ない場合には、人を感知して点灯する機能のセンサーライトなどを利用しましょう。

●周囲からの見通しを良くするために、そして侵入者が身を隠せないように、庭木の手入れも大切です。
泥棒が隠れられる死角になる場所を作らないようにしましょう。

●見通しの悪い場所には防犯カメラを設置するのも効果的です。

 

| 足場をなくす

●2階からの侵入の足場になりやすい物置や室外機は家から離して設置しましょう。

●塀や柵も足がかりになりやすいので、見通しが置良く、乗り越えにくく、なおかつ上方への足場にならないものにしましょう。

●生け垣には、トゲのある低木が効果的です。

●バルコニー下などにある移動可能なものは撤去し、死角にならない位置に移動させます。

 

| 窓に防犯設備を取り付ける

●窓ガラス用防犯フィルムを貼る、ガラスの破壊音に反応して大音響を発生するガラスセンサーを付ける、クレセント錠とできるだけ離した場所に補助錠を付ける、鍵付クレセント錠に変えるなどの防犯対策をおすすめします。

●掃出し窓は特に狙われやすいので、雨戸かシャッターを設置しましょう。さらに雨戸錠を上下に付けます。

●バスルームやトイレなどの高窓には面格子を取り付けます。

 

| 玄関の錠を侵入されにくいものにする

●ピッキングに強い錠にするのは当然ですが、開錠に時間がかかり、泥棒が敬遠するツーロックをおすすめします。
※リモコン式のドアロックやモニターTV付インターホンなどの効果の高い機器も出ています。

●侵入の手口は日々進歩しています。より侵入されにくい鍵への交換をおすすめします。

 

| 在宅時でも無人の部屋の窓は鍵をかける

●1階のキッチン、浴室、トイレ、勝手口などは外からの視線も少ないので、必ず施錠しましょう。

●面格子を設置していても、外された場合を考えて窓の施錠は忘れずに行いましょう。

 

| 日頃から周囲を見直し、泥棒が侵入しにくい環境を整える

●外出時は雨戸、シャッターは閉めましょう。(鍵もかける)また、中が丸見えだと留守だと分かるのでカーテンを閉めておきます。

●帰宅が遅くなる日は洗濯物を室内に干しましょう。

●旅行時、長期間留守にする場合は近所に声を掛けたり、新聞を止めるなどの注意も必要です。

●設置した機器は必ず作動スイッチを入れておきましょう。

●通帳、印鑑、カードなどは別々の場所に保管しましょう。

●合鍵を郵便受けの中や植木鉢の下に置くのは止めましょう。

●番犬を飼うと効果的です。

●玄関や浴室、トイレの窓まわりに玉砂利を敷き、音が鳴るようにするのも有効です。
※防犯砂利は、防草シートの上に厚さ約3~4センチ程度に敷き詰めるのが効果的。
石がこすれあうことで、掃除機の音と同じくらいの音が出ます。

●家を泥棒から守るには、「地域の目」も大切です。見かけない人物が行き来したり、家の様子をうかがっていたら、ひと声かけるなどを心掛けましょう。簡単には家に近づけない環境が大切です。

●ホームセキュリティを採用することも検討しましょう。

 

| 玄関に見慣れない数字やローマ字を見かけたら、すぐに消す

●表札やポストに見慣れない暗号のようなものが書かれていたら、悪質な訪問販売業者などが訪問先の個人情報、在宅情報を書き込んだマーキングの可能性があります。見付けた時はすぐに消しておきましょう。