プラスアップタイムズ [プラスアップニュースペーパー]

HOME > プラスアップタイムズ [プラスアップニュースペーパー] > プラスアップタイムズ 第3号 Plus Up Times No.3

プラスアップタイムズ 第3号 Plus Up Times No.3

PLUS UP TIMES プラスアップタイムズ

豊かな時間。豊かな暮らし。豊かな家。

生活における幸せとはなんだろう。豊かさとはなんだろう。どんな家だろう。
生活する為にただ箱を与えられてそこに住む。空間にはもっと他の意味や役割があると思う。

暮らす期間や人数、思い出によって家に対する考えは変わってくるはずです。
新築当時は無かった生活の形が今はある。リノベ・リフォームを通して自身の趣味や色を空間に落としこむ。そんな事ができたら生活はもっと豊かになるのではないでしょうか。
現状回復の最低限のリフォームも必要に応じては大事ですが、これから長期間暮らす家だったり、親から譲り受けた家だとか、そんな大切な家の場合は豊かさについて考えてみるのも良いかもしれませんね。

毎日眺める庭。時の流れを感じる庭。好きな物に囲まれた家。好きな家。
水面には「風」が吹くと波が立ち、風を可視化して風を感じる。「光」は波に乱反射し底面に模様を描いては消えていく。あふれた水の水路へ落ちる「音」で動きを感じる。
人間の感覚にひびく景色。ゆっくり流れる時を感じながら生活するのもいいですね。

庭は季節によっても様相を変えてくれます。
落葉樹が風の度に葉を落として、水面に触れると小さな波がたち移動していく。金魚はそれを追いかけては戻り、風がまた動きを生む。
あとは食べ物があれば最高ですね。好きな食べ物の「味」、「匂い」これが揃えば五感が幸せを感じてくれるはずです。

無くても生活はできます。しかし味気ない空間よりも感じる物がある空間の方が住む人の気持ちも変わり、もっと言えば今後の生活が変わるかもしれません。
そんな家の豊かさのお話でした。

column 多肉植物の「たにくん」
column 多肉植物の「たにくん」

こんにちは。プラスアップタイムズ編集長の成田です。
うちの多肉植物のタニ君も出会った頃の倍近くの大きさになり、すごく植木鉢が狭そうだったので、新しい家を仲間に買ってきてもらいました。
すっかり大きな家になりしばらくは安心できそうですが、鉢が大きいのでタニ君も小さく見えます。
大きく成長してビッグな男になります!皆さん応援よろしくお願いします!

ガーデンデザイン

五感に響く庭
▲ お気に入りの自分だけの庭でゆっくりした時間を過ごす。光りや音や風を感じてプライベートな空間を楽しむ。

愛知県みよし市にてガーデン工事をさせていただきました。ウッドデッキと観賞用の池をつくる工事です。

アマゾンジャラ

ウッドデッキは、HU 丸八さんのアマゾンジャラという材料を使用しました。樹脂を天然木材に染み込ませる事で、耐久年数を格段に向上させた物です。
堅くてクセの強い材料でアクもよく出るくせ者ですが、風合いと耐久性は抜群です。

ウッドデッキというと、木紛入り樹脂のデッキ材を使った物が多いです。大手メーカーさんが発売している物で、材料の腐朽がほとんどないものです。しかし、人工物ですので表面は均一で不自然なほどきれいです。また樹脂を取材としているので熱によって形が変化してしまう事があります。
このアマゾンジャは、ひねりや反りが多少あるものの、重厚感があり自然の風合いが残されているため仕上がりが人工物とは大きく違いが出ます。またコスト面でも大差がありませんし、形状は大工さんの加工次第で自由度がとても高い材料です。

その手前にあるのが、写真にもあります池です。
水深わずか8cmのこの池は、水平線をイメージしてつくられました。
水のあふれる面は厳密に水平に保たれ、全体から均一に水が溢れるようになっています。

表面を覆っているのは名古屋モザイク工業さんの光沢のあるタイルです。
光りがキレイに反射して水面の模様を楽しめるようにタイルは高光沢のものを使っています。
テルのロビーに使われているような大理石調のこのタイルはコスト面でも比較的お値打ちです。
水をはじく感じは光沢タイルならではの効果です。
タイルは長く美しさが続くので外部や水場には最適の材料です。