施工事例~プラスアップストーリー~

HOME > 施工事例~プラスアップストーリー~ > 伊藤 雅大 > Black Simple Modern

Black Simple Modern

  • キッチン
  • サニタリー(洗面)
  • トイレ
  • バリアフリー
  • ユニットバス
  • 中古リノベーション
  • 内装
  • 間取り変更

アフター

データ

施工地域 名古屋市緑区
築年数 30年
金額 800万円

ビフォー写真

間取り図面

ストーリー

今回はブラックをテーマカラーにした、とってもクールなN様邸をご紹介いたします。

「シンプルモダンでおしゃれなお部屋へリノベーションしたい」と、ご来店されたN様夫婦。
本や雑誌からお好きな部屋イメージを教えていただき、テイストや配色などのアドバイスをさせていただきました。
打合せを重ね、お互いの認識をすり合わせていくところからプランニングがスタートしました。

その中で出てきたテーマカラーが「黒」。
黒というカラーを中心にエッジを効かせたシンプルモダンな空間を、コーディネートのトータルテーマとしてご提案。トータルテーマが決まったことにより、具体的な間取りや使い勝手をどうするか、といった細かいところをN様と私どもで一緒に考えていきました。

■対面キッチンで広々と使いたい
■2歳のお子様のプレイルームを作ってあげたい
■洋服が多いのでウォークインクローゼットが欲しい

この3つのご要望をリノベーションの3本柱として、プランニングさせていただきました。

LDKのキーポイントである、存在感のある対面キッチンの扉カラーはもちろんテーマカラーの「黒」。
見た目がおしゃれなだけではなく、リフォーム前の悩みだった"物があふれ料理がしにくい"点もすっきり広々させることで改善されました。

キッチンの壁に貼ったモノトーンのガラスモザイクタイルがアクセントになっています。
お客様ご自身で選ばれた、キッチン家電や道具も黒でコーディネートされており、ぐっと引き締まったモダンなキッチン空間となっています。

テレビはスタイリッシュな壁掛けタイプ。フロートになっているテレビボード下から間接照明で照らし、やさしい光でリラックスできるリビングの一部になりました。
窓にはウッドブラインドを採用し、さり気ない高級感を与えてくれています。

リビング横にはプレイルームを設け、お子様のための遊び場に。
三連の扉なので、開けている時はリビングとプレイルームがひとつづきの状態となっており、広々とした開放感のある空間でのびのびとくつろぎ遊んでいただけます。
お子様が全力で遊んでいる時に急な来客があっても、リビング間との三連引戸をサッと引くだけで、おもちゃなどでごちゃっとしてしまった空間を隠すことができます。
また、扉を閉めていても、プレイルームには室内窓や扉のガラスから光がたくさん入る設計になっています。

玄関は収納を大きめに造り、収納下を間接照明で照らしました。
扉を開けると、間接照明によりおしゃれに仕上がった空間が広がっており、気持ちが上がります。
玄関収納も以前の小さかったものに比べて、大きく使い勝手が良くなったため、広くゆとりを持って空間を使うことができます。

また、以前は部屋に洋服が収納しきれず溢れてしまっていましたが、ウォークインクローゼットを新設したことでゆったりと収納することができるようになりました。
寝室とリビング側(プレイルーム)の両側から入ることができる機能的な間取りとなっています。

洗面・お風呂・トイレなど、水廻りのテーマカラーももちろん黒。
テーマカラーに沿ってインテリアをコーディネートすると、こんなにも統一感を出せるんです。
見た目におしゃれなだけではなく、ところどころに収納のアイデアも施されています。
比較的場所が広く取れないマンションのサニタリーですが、工夫によって心地よい空間に生まれ変わらせることができました。

ブラックをテーマカラーにしたN様邸のリノベーション、いかがでしたでしょうか。
お部屋全体をイメージどおりの統一感あるコーディネートでまとめることができたのは、N様とマニカホーム担当者が共通の完成イメージを思い描きながら造り上げたからだと思います。
これからリフォームをお考えの皆様も、ぜひ自分たちならではの「テーマ」を考えてみてはいかがでしょうか。

ビフォー
アフター

施工事例~プラスアップストーリー~一覧へ戻る