施工事例~プラスアップストーリー~

HOME > 施工事例~プラスアップストーリー~ > 小田切 大輔 > 現代和風の旅館のようなエントランス

現代和風の旅館のようなエントランス

  • エクステリア
  • 外壁
  • 外構
  • 間取り変更

アフター

データ

施工地域 名古屋市中村区
築年数 築35年
金額 300万円

ビフォー写真

ストーリー

今回のお客様は、今までずっとお付き合いのある賃貸マンションオーナーの方です。
賃貸マンションのエントランスをどうにかしたいというご依頼をいただきました。

ご依頼いただいた賃貸マンションは築30年以上の古いマンションです。
築30年も経つと問題となってくるのは、防犯性、動線、何より意匠性です。エントランスの外観が古く薄暗い雰囲気でした。
「エントランスが綺麗になれば住人に気持ちよく生活してもらえるし、綺麗に保ってくれる。外観が変われば少しでも街の景観にも貢献できるのではないか」
というオーナー様のご意見のもと、エントランスと外観を今風にリフォームすることになりました。

打ち合わせを進めていく中で、今の新築マンション風にモダンな仕上がりにするのは何かつまらないよね、とオーナー様。
どういう方向性にするかを悩んでいたところ、オーナー様が和風テイストが好きだということを思い出しました。
そこで、「オーナー様の好きな和風テイストはいかがですか?」と提案したところ、オーナー様に「和モダンがいいね!」と賛成していただけたので、和モダンを取り入れたリフォームをすることに決定しました。
テーマは「現代和風旅館のようなエントランス」。
このテーマを元に、プランニングが始まりました。

和風建築で思い浮かぶのは畳や木を使った建築ですが、ここはエントランス。 黒を基調とした塗装と、丸窓と竹を使用することにしました。

壁を黒の塗料で塗り、駐車スペースとエントランスを仕切っている壁の一部を丸くくり抜いて丸窓にしました。
開放感のある丸窓の下には砂利を敷いた植え込みを設け、和の植物を植えることで和風の庭を作りました。

さらに和の雰囲気を出すために木目の天井にし、電気メーターを木箱で隠す一工夫を。
木目の天井は、本来外壁に使用するサイディングを貼っています。木ではなくサイディングにすることによって、メンテナンス性や耐久性があがりました。
ただサイディングは外壁用の仕上げ材ですので、天井に貼るのに随分と苦労しました。そのかいあってか、オーナー様にはとても喜んでもらえました。
そして住居人の方からのご要望でもあるポスト、宅配ボックスも新設しました。

エントランス先には竹を植え、その後ろに木の柱を等間隔で設置しています。
和風のエクステリアになるだけでなく、通りからエントランスが見えづらくなるという防犯の役割も果たします。

今回特に思い出深かった工事があります。
ご依頼いただいたマンションは、オーナー様のお父様が建てられたマンションでした。
思い出と歴史があるので、今まで正面に掲げていたマンション名の看板をモニュメントにしたい。でも、あまり表立っていない少し隠れた場所残したい。
オーナー様からそんなご要望があり、マンションを出入りする住人の方にしかわからないエントランス内側の部分に、今まで慣れ親しんだ看板をつけることにしました。
新しく綺麗になったエントランスに、目で歴史を感じられるモニュメント。
リフォームで新しいものを作り出すだけでなく思い出を残すお手伝いができた工事となりました。

築年数が経ったマンションのエントランスが、和風旅館のようなエントランスへ。
住人の方々や近隣の方々から、とてもうれしいお言葉を頂けるようになりました。

ビフォー
アフター

施工事例~プラスアップストーリー~一覧へ戻る