施工事例~プラスアップストーリー~

HOME > 施工事例~プラスアップストーリー~ > 小田切 大輔 > No Mark Style

No Mark Style

  • キッチン
  • サニタリー(洗面)
  • トイレ
  • ユニットバス
  • 中古リノベーション
  • 内装
  • 断熱
  • 自然素材
  • 間取り変更

アフター

データ

施工地域 豊田市
築年数 35年
金額 1,100万円

ビフォー写真

間取り図面

ストーリー

今回のストーリーは、迷いながらもN様ご自身がこだわりぬいた『最高の家』が出来るまでのお話です。

新しい住まいを、新築にするか中古マンションをリノベーションするかで迷われていたN様。
以前にご両親が弊社でお見積もりをとった際に好印象だったとのことで、ご両親からの紹介でご来店くださいました。

お打ち合わせ中に、ご両親からマンションを譲り受けることになったため、中古リノベーションをすることでお話が固まりました。
そこで間取りを含めたプランニングと仕様のお打ち合わせがスタートしました。

まずお聞きしたのは、現在売りに出ている新築のマンションよりも上の仕様、注文住宅のように自分が気に入ったものを使いたいと、ご要望を頂きました。

テイストは無印の家のような、すっきりとしているが高級感のある雰囲気にして生活感が見えないような間取りや工夫もご希望されておりました。
またそのほかにも様々なテイストや間取りについて質問をいただきました。

そこでテイストにあう床材やクロス、アクセント用のタイルのご提案と間取りのプランニングを同じバランスでご提案させていただきました。
また様々なパターンを作りつつ、新築のような品質が保たれるよう技術的に無理のない施工方法も含めてご提案致しました。

全体的に白を基調として、床は淡い白色ベースの木目がうっすら見えている床材を使い、シンプルながらも高級感のある仕上がりとなりました。

キッチンは奥様が5社以上、LIXILにも5回以上足を運び比較検討をした末に選んだのが『リシェルSI』でした。
特にセラミック天板と、耐火ガラスの横枠がないところ(ガラスがほぼ気になりません)がとてもよかったようです。
オープンキッチンのリクエストに対して、長細いお家の形をしておりとても工夫が必要となりました。
中でもできる限り梁を交わしてレンジフードを収めることで、リビング側と離れ過ぎず奥様が料理をしながら、テレビを見ることも出来るようになりました。

照明計画にも一工夫。リビングはすっきりさせたいとのご要望だったので、照明はダウンライトに。
またピアノを置くスペースにはユニバーサルのダウンライトを配置し楽譜が見やすいように計画。
リビングのアクセントタイルには、白い間接照明を当てて陰影を際立たせました。

キッチンの横にはパントリーを作り、ゴミ箱や電子レンジ、ケトルなど生活感の出るものをしまってあります。
キッチンは何かとごちゃごちゃしがちな場所をパントリーに分けることで、すっきりとさせられる間取りになりました。

洗面台はゆったり使える1600幅のルミシスを採用。ここも梁がすぐ近くにあり、ぎりぎり入る計算でしたが万が一入らなかった場合に備えて、入らなかったプランもご提案しておりました。
解体後、入るかの判断をして無事に幅1600の洗面台が入りました。
逆に梁下の天井が下がっているスペースには、洗濯機を配置致しました。
浴室はタカラの高級感のあるユニットバスでご主人様が一目ぼれした床のタイルも無事仕上がりました。

お忙しい中、N様ご家族でお家のことを考える時間がたくさあったかと思います。
その時間は楽しい時もあれば、意見がぶつかり少し気持ちが落ちることもあったのではないでしょうか。

今回私たちは、そんな頑張ったN様のお家づくりのお手伝いをさせていただきました。
頑張った分、こだわったからこそ好みのテイストに囲まれて、ご家族と幸せに暮らせるお住まいができたのではないかと思います。

ビフォー
アフター

施工事例~プラスアップストーリー~一覧へ戻る